データ復旧がなぜここまで人気を集めているのか

障害によって変わる費用

パソコン修理

一般的な相場とは

ハードディスク障害によりデータ復旧を試みる場合、状態によって費用相場は変動します。一概に言えませんが、主に障害は軽度・中度・重度に分けることが可能で、その区分により難易度やかかる工数が変わるため費用も変動するのが一般的です。こうした障害区分別に見た費用相場は、オフィスで事務に使われる一般的なPCとした場合、軽度で2〜5万円程度、中度で5〜15万円程度、重度で20〜50万円程度が目安と言えるでしょう。ただしハードディスクの容量には大きな差があり、大容量のものであればもっと高額になることが予想されますし、機器やデータに専門性があればそれも考慮されます。一般的な事務に使われているPCで軽度の障害であれば、おおむね5万円程度の費用で1〜2日あればデータ復旧可能なケースも少なくありません。中度になるとサービス提供会社の技術力によって左右される部分が多くなるため、平均より高い見積りになる場合は検討が必要です。予算が決まっているなら先に伝え、その範囲で可能かどうか先に判断させるのもひとつの手段でしょう。重度になると、まず対応が可能か不可能かというレベルになります。ハードディスクが機械的に破損した場合、そもそもクリーンルーム内で作業しなければなりませんので、設備が整っているかどうかも重要なポイントです。調査からデータ復旧まで2週間程度は見る必要があり、場合によっては50万円を超える見積りになるケースもあります。とは言え、かけ離れて安い見積りをするサービス提供会社は、長く時間をかけたうえに結局復旧不可能でお手上げとなるリスクもありますので、費用ばかりではなく実績で判断することも重要です。

Copyright© 2019 データ復旧がなぜここまで人気を集めているのか All Rights Reserved.